トップへ » 当院が選ばれる理由 » 一般治療(無痛治療)

なるべく削りません。できる限り神経は残します

当院では「できる限り削らない、抜かない」ことを基本方針に、患者さまの痛みを軽減する虫歯治療を行っていますのでご安心ください。

当院の虫歯治療は、
●健康な部分はできるだけ残します
●なるべく抜歯はしません
●治療を始める前に検査を行います
●歯肉の状態を改善してから、歯形を取ります

無痛治療

なるべく削りません。できる限り神経は残します
「歯を削りたくない」 「神経はできるだ残してほしい」。歯科治療の際、「健康な部分はできるだけ残したい」と思いながらも、なかなか言い出せない、そんなことはありませんか。

当院では、患者さまのご要望を聞き、お口の中の状態を慎重に診察した上で、歯や神経の健康な部分はできるだけ残す治療を行っています。

拡大鏡●できるだけ削らずに治療できる理由があります
拡大鏡を使うことにより、虫歯菌に感染した部分だけを確実に取り除くことができますので、削る量は最小限に抑えられます。当院では全てのドクターが拡大鏡を使った診療を行なっています。

痛みは、虫歯や歯のトラブルを知らせてくれる重要なサインです。虫歯が進行したときなどに痛みで悪化を感じられるように、なるべく神経を残すようにしています。

抜歯は、必ず患者さまに納得していただいてから
虫歯の状態によっては抜歯が避けられない場合もあります。その場合は、温存できない理由をきちんと説明し、患者さまに納得いただいた上で抜歯を行います。

歯を抜いたときと抜かなかったときのメリット・デメリットもお話しますので、納得できるまでご検討ください。ご同意いたただけるまで、数日でも数ヶ月でもお待ちします。

●私たちもできるだけ抜きたくないのです
何よりも大切な歯を可能な限り残したいというのが基本方針ですので、治療についてのご要望があれば、お気軽にご相談ください。

虫歯治療の前にも、カウンセリングを行います

一般歯科「治療にはどれぐらい時間がかかるの」「痛くはないのかしら」...といった疑問や不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。そこで当院では、適切な治療を行うために、すべての患者さまに事前のカウンセリングを実施しています。

カウンセリングでは、患者さまのご要望をお伺いしながら、治療について丁寧に説明しますので、心配な点や不明な点がありましたら、遠慮なく、ご質問・ご相談ください。

再発を防ぐために、歯肉の状態を改善してから、歯型を取ります

一般歯科虫歯治療では多くの場合、詰め物や被せ物の型を取りますが、歯肉に腫れや出血がある状態では、正確な歯型を取ることができません。その状態のまま被せ物を被せたとしても、腫れが引いた際に隙間ができてしまい、細菌が溜まって虫歯が再発したり、歯周病の原因になる恐れがあります。

精度の高い治療ができます
そこで当院では、虫歯治療を始める前に歯周病検査を行い、必要に応じて歯石や汚れなどを除去し、歯肉の状態が安定させます。歯肉の状態を改善させてから、歯型を取り、 被せ物や詰め物などの処置を行いますので精度の高い治療ができ、虫歯の再発防止や歯周病を予防します。

症状に合わせて柔軟に処置も行います
もちろん、痛みがひどいときなどには、症状に合わせて必要な応急処置を行いますのでご安心ください。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 一般治療(無痛治療)


コールバック予約

PAGE TOP