トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラント » インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ【1】診査
正確な診断をするために、問診や検査を行います。カウンセリングでは、全身の健康状態や既往歴の問診と口腔内の視診をし、主訴などをお聞ききします。その後、状況に応じてX線診査やCT撮影、歯型を採取します。

次へ
インプラント治療の流れ【2】治療計画の説明
インプラント治療が可能であるかどうか判断し、併せて入れ歯やブリッジなど、他の治療法との比較や治療費用・期間などの概略、治療におけるメリット・デメリットをご説明します。

次へ
インプラント治療の流れ【3】インプラント手術
局部麻酔を施し、あごの骨の中にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋入します。これが、新しい歯の土台となります。なお、麻酔は治療時間などに応じて静脈内鎮痛静法(※)の場合もあります。

次へ
インプラント治療の流れ【4】治療期間 インプラントが骨と結合するまで
埋入後、インプラントと骨が結合するのを待ちます。結合するまでの期間は、通常1~6ヶ月程度。この期間はできるだけ仮義歯を装着しますので、安心して食事などをお取りいただけます。
※インプラントを入れた日に仮歯が入れられる場合もあります。

次へ
インプラント治療の流れ【5】アバットメント連結
インプラントと骨が完全に結合した後に、アバットメントを取り付けます。この状態で歯肉が治癒するまでの期間は、個人差がありますが1~3週間ほどかかります。

次へ
インプラント治療の流れ【6】人工歯の製作
歯肉が治癒した後、歯型を採取して形や色などを決めて人工歯を作ります。完成した人工歯はアバットメントに装着して固定させます。なお、当院では人工歯の加工や修正に敏速に対応するために当医院の技工所で製作します。

次へ
インプラント治療の流れ【7】メインテナンス
治療後、1か月・3か月・6か月・12か月の定期検診を受けていただきます。2年目以降は6か月毎の検診を受けていただきます。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラント » インプラント治療の流れ


コールバック予約

PAGE TOP