トップへ » 当院が選ばれる理由 » 矯正治療 » 子どもの矯正を始める時期は?

子どもの矯正を始める時期は?

子どもの矯正歯並びや噛み合わせが悪いと、お子さまの健康に悪い影響を与えます。矯正しないまま成長すると、お口の中の環境が悪くなり、虫歯や歯周病のリスクも高まります。お子さまの歯並びが少しでも気になるときは、早めに専門医に相談されることをおすすめします。

治療を始める時期は個々によって異なります
歯並びや噛み合わせの状態は個々によって異なるため、治療を始める時期も違ってきます。歯並びや骨格、あるいは成長スピードによって、早期治療が適している子もいれば、成長を待ってから始めた方がいい場合もあります。

お子さまの矯正治療を始める時期を見極めましょう
治療のタイミングを逃してしまうと骨格などにズレが生じます。また、成長してからでは矯正治療が難しくなり、治療期間もそれだけ長引きます。適切な時期を見極めるためにも、永久歯の前歯と奥歯が生えてくる6~7歳頃に、専門医の診断を受けると安心でしょう。

子どもの矯正治療(混合歯列期治療)に使われる装置の一例
子どもの矯正治療に使われる装置は大人以上にたくさんの種類があり、適切なタイミングで適切な装置を使用することが大切です。歯並びの悪さは人それぞれ違いますので、お友達と比べることはできませんし、ご兄弟であっても全く違う装置を使うことは珍しくありません。

矯正装置矯正装置矯正装置


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 矯正治療 » 子どもの矯正を始める時期は?


コールバック予約

PAGE TOP