トップへ » 当院の歯内療法(自由診療) » 根管治療とは?

【根管治療(歯内療法)】歯を抜きたくない、歯を残したいという方へ

根管治療(歯内療法)とは

虫歯の治療の際、「患部を削って差し歯にする」といったプロセスの中で、「細い金属の器具を、歯の根の内側に何度もグリグリと差し入れては引き抜く」という工程を経験された方は大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

それが、一般的に行われている根管治療(歯内療法)で、歯の中にある歯髄という組織に病気が生じた場合に行う、歯科治療方法のひとつです。

通常の根管治療だけでは治癒が難しいケースもあります
多くの方が上記のような治療を経験しているように、根管治療は、日常的に行われる歯科治療方法のひとつです。しかしその際には、虫歯の痛みや違和感といった症状が消え、お薬を詰めた後のレントゲン写真で異常が見られなければ終了...となることがほとんどです。

もちろん、治療結果をレントゲンで確認することは大事なことです。しかし、根管治療というのは、実はとても難易度が高いものなので、レントゲンには映らない「影の部分」に問題が残っているケースも珍しくありません。

肉眼では見えないところを、勘や経験を頼りに手探りで治療している状況では、確実な治癒が難しいのも事実なのです。

顕微鏡を使えばよい...というわけではありません
そのため、アメリカやヨーロッパといった、歯内療法や根管治療のシステム水準が高い国々では、治療に顕微鏡を用いることが日常化されています。また、日本国内においても、治療精度を高めることに意欲的な歯科医師の方々は、顕微鏡やルーペを導入し、治療に用いるようになってきました。

しかし、「顕微鏡を使いさえすれば、必ず治療が上手くいく」ということではありません。 特に、微生物や細菌への対処が重要となる歯内療法の分野では、その対処が不完全であれば、何度治療をしても再発してしまう...というトラブルを引き起こしてしまうのです。

さらには、治療中に用いる顕微鏡は「実体顕微鏡」というもので、顕微鏡の中では比較的低倍率(2~25倍程度)のものです。そのため、治療箇所を見やすくすることはできても、細菌などの微生物までを視覚的に確認できるわけではありません。

最新治療を活かすのは細心の注意と医師の技術力根管治療(歯内療法)とは
そういったことから、歯内療法で大切なことは、まずは「細菌に対するコントロールをしっかり行なうこと」です。そしてその上で、高性能な顕微鏡を用いて徹底した根管治療を行い、「二度とトラブルを起こさせず、歯の寿命を伸ばす」といったコンセプトを守って治療することが非常に重要なのです。

歯科治療の基礎ともいえる治療ですが、肉眼では分かりにくい部分の処置であるため、治療の精度は医師の技術力に左右されます。そしてまた、「高性能な治療器具や精密機器を巧みに使いこなす力」も、医師に必要な技術力の一端なのです。


トップへ » 当院の歯内療法(自由診療) » 根管治療とは?


コールバック予約

PAGE TOP