トップへ » 当院の歯内療法(自由診療) » マイクロエンドの効果

今までの根管治療の問題点とは

根管治療

「根の治療をしてもらったけど再発した」「今も治療に通っているけど、なかなか治らない」といった経験のある方は、「根の治療って大変だな...」と思われているでしょう。

実は、 それは歯科医師としても同様の感想なのです。なぜなら、肉眼では見えないところを、経験と勘を頼りに手探りで治療するようなものだったからです。

歯科治療は外科領域です
歯科医師は、歯や歯ぐきなどの人体組織に直接手を加えるのですから、大きな分野で考えると「外科分野の治療」をしていることになります。 外科手術の基本は「術野の明視」。すなわち根管治療も、本来なら「手術する部分を確実に見ながら処置しなければならない」はずなのです。

失敗のない、確実な治療を実現する秘策があります

マイクロスコープ近年では歯科医療の分野においても、治療器具や材料が飛躍的に進歩しています。もちろん、 歯科手術用実体顕微鏡(歯科用マイクロスコープ)も、そのうちのひとつで、アメリカでは、根管治療時にはマイクロスコープの使用が一般的となっています。

今後は日本でも、この装置が根管治療時に必須となると考えられますが、マイクロスコープ自体は治療器具ではなく、術野を精細にしてくれる装置に過ぎません。マイクロエンドを行うには、他にも細かな治療器具が必要になりますし、 細菌をコントロールすることも大前提となります。

しかしながら、肉眼では確認できなかった原因が把握しやすくなることは確かなので、治せる機会は格段に増えるでしょう。今まで発生していた、歯内療法、根管治療における失敗の多くは、このマイクロエンドによる確固とした治療コンセプトと、専門的な知識と技術によって解決すると考えます。


トップへ » 当院の歯内療法(自由診療) » マイクロエンドの効果


コールバック予約

PAGE TOP