トップへ » 当院の歯内療法(自由診療) » よくあるご質問 » ホワイトニング・審美歯科Q&A » セラミックで白くする

セラミックで白くする

次のような方は、ホワイトニングではなくセラミックで歯を白くします。

(1)すでにセラミックの歯が入っているが、それを白くしたい
⇒ホワイトニングは人工の歯には有効ではないため、セラミックで白い歯を作りなおします。

(2)金属やプラスチックの詰め物、被せ物があり、それを白くしたい
⇒上記同様、ホワイトニングは人工の歯には有効ではないため、セラミックの白い歯を作りなおします。

(3)神経の無い歯を白くしたい
⇒ホワイトニングでも多少白くなりますが、このような場合「ウォーキングブリーチ」といって、歯に穴をあけ漂白剤を流し込む方法と、セラミックを被せる方法の2種類があります。

ウォーキングブリーチは、歯の内部にガスが溜まって破切したり、歯の根が溶け出して組織に吸収されたりするリスクがあります。セラミックの場合は、歯を切削する必要があるのと、料金が高額です。

(4)白くなるだけでなく、歯並びや歯の形を改善したい
⇒セラミックの歯は、多少の歯並び不正であれば矯正をせずとも歯並びや歯の形を改善できます。但し健康な歯を削ることになるので、対象とする歯に疾病が無い限りはあまりおすすめできません。

(5)テトラサイクリンによる変色歯の場合
⇒テトラサイクリンという抗生物質の影響で、変色が重篤なものは、ラミネートベニアという手法でセラミックを被せます。軽度の変色であれば、ホワイトニングでも改善が可能です。

どこまでが、ホワイトニングで可能か、どこまでがセラミックでないとできないかは、その歯科医院の経験や薬剤によって異なるので、明確な線引きはできませんが、茶色系の変色で縞模様になっているものはホワイトニングでもかなり改善できます。変色が灰色であったり、濃い茶色であったりする場合には、ラミネートベニアで対応します。


トップへ » 当院の歯内療法(自由診療) » よくあるご質問 » ホワイトニング・審美歯科Q&A » セラミックで白くする


コールバック予約

PAGE TOP