トップへ » 当院の歯内療法(自由診療) » よくあるご質問 » ホワイトニング・審美歯科Q&A » 歯磨き粉のホワイトニング成分の見方

歯磨き粉のホワイトニング成分の見方

白くなるハミガキ粉の成分には、大きく分けて歯を漂白して黄ばみを取るホワイトニング成分と、歯の汚れを研磨して元の白さを取り戻す研磨成分があります。

「過酸化水素」は、歯を漂白して白くする成分で、濃度の高いものが、歯科医院で行うホワイトニング剤に含まれています。日本では、過酸化水素入りの歯磨き粉は、薬事法の関係で店頭販売することができません。

尚、アメリカ歯科医師会(ADA)は歯科医師の薦めや、指示のもとでのみブリーチングを行うべきだと忠告しています。歯についたコーヒーやお茶などの茶渋、タバコのヤニなどの汚れを取り除く場合は、研磨剤で落とすようになります。本来、歯ブラシがしっかりとあたっていれば、研磨成分がなくてもむし歯や歯周病の原因であるプラーク(歯垢)や付着したばかりの汚れは十分に落ちます。

ただ、歯ブラシを歯にしっかりと当てる、ということが簡単なようで非常に難しく、プラーク(歯垢)が固まった歯石は歯科医院でないと落ちませんし、汚れも時間とともにガンコにこびり付くので、研磨剤で落とすようになります。この研磨剤は、少量なら良いのですが、歯を削っていく行為にあたるわけですから、研磨剤が多く入っているハミガキ粉を高頻度で使うと、歯の表面が凸凹になり、かえって歯に汚れが付着しやすくなります。

ホワイトニング用ハミガキ粉と宣伝しているものは、この研磨成分が多く入っています。研磨成分には次のようなものがあります。

<重炭酸ナトリウム 、リン酸水素カルシウム、陶土、ベントナイト、シリカ、炭酸カルシウム、 酸化チタン、卵殻、ヒドロキシアパタイト>
 


トップへ » 当院の歯内療法(自由診療) » よくあるご質問 » ホワイトニング・審美歯科Q&A » 歯磨き粉のホワイトニング成分の見方


コールバック予約

PAGE TOP