トップへ » 当院の歯内療法(自由診療) » よくあるご質問 » ホワイトニング・審美歯科Q&A » 個人輸入のホワイトニング剤で白くすることは?

個人輸入のホワイトニング剤で白くすることは?

アメリカから通販で購入できるホワイトニング剤について、「安全か?」「効果はあるのか?」 という問い合わせが多数寄せられます。一口に通販で販売しているホワイトニング剤といっても、様々な種類があります。

アメリカで販売されているホワイトニング剤は、
(1)歯科医院でしか扱えないもの(プリスクリプションと言って歯科医師免許が無いと買えない)
(2)ドラッグストアで扱える範囲のもの(オーバー・ザ・カウンター・メディスンと言って処方箋の 要らない売薬)
の2種類に大別されます。

歯科医師免許を持たない方が通販で購入できるのは、オーバー・ザ・カウンター・メディスンのほうです。風邪薬も、内科医で処方してもらうものと、薬局で手軽に買えるものの2種類があるようにホワイトニング剤も同様に2種類あります。

日本の薬局やドラッグストアでは、最も漂白効果の高い成分である過酸化水素が含有したホ ワイトニング剤を販売することは一切禁じられていますが、アメリカの場合は低濃度であれば 過酸化水素含有のホワイトニング剤をドラッグストアで販売しても良いことになっています。

オーバー・ザ・カウンター・メディスンの中には、粗悪品もあり、「歯や歯ぐきに対するトラブル」で、 訴訟が起きたりしています。全てのオーバー・ザ・カウンター・メディスンが良くないかというと、決してそのようなことはなく、良質なものもあります。

オーバー・ザ・カウンター・メディスンを購入してホワイトニングをされたい方は、製品選びの基準として、ADA(アメリカ歯科医師会)の認証マークがあるものをお勧めします。
また、例え良質な製品を選択したとしても、歯と歯ぐきの健康状態が良好でなければ、ダメージを負ったり、痛み出したりします。

事前に歯科医院で定期検診を受け、歯と歯ぐきの健康状態をチェックされたほうが安全に使用できます。
 


トップへ » 当院の歯内療法(自由診療) » よくあるご質問 » ホワイトニング・審美歯科Q&A » 個人輸入のホワイトニング剤で白くすることは?


コールバック予約

PAGE TOP