トップへ » 当院の歯内療法(自由診療) » よくあるご質問 » ホワイトニング・審美歯科Q&A » 歯が変色するのはなぜ?

歯が変色するのはなぜ?

歯の変色には、表面の汚れが歯を変色させている外因性によるものと、エナメル質・象牙質の変化による内因性によるものがあります。外因性によるものは、クリーニングで汚れを落として白くしていきます。内因性によるものは、歯のホワイトニングや人工の歯などで白くしていきます。

【外因性(歯の表面の汚れが歯を変色させている)の場合】
(1)日ごろの磨き残し
歯の表面にステイン(汚れ)がついている状態
⇒歯磨きでは磨けないところをティース・クリーニングで研磨していきます。

(2) 喫煙や嗜好飲料の取りすぎ
喫煙やコーヒー、紅茶、コーラ、ウーロン茶などの常飲によるもの
⇒重曹のジェットパウダーを吹き付けて、ヤニや茶渋を吹き飛ばします。

【内因性(エナメル質・象牙質の変化)の場合】
(1)歯の形成過程で問題が生じた場合
歯ができていく過程で影響を受けた場合は、歯列全体に渡ってエナメル質・象牙質の質・量が変化し、内部構造に色素が沈着されて変色を起こします。
最も多いのは、テトラサイクリンという抗生物質(妊娠中にテトラサイクリンを服用していた場合に発生する)による変色で、その他にはエナメル質形成不全症、フッ素沈着症などによる変色があります。
重度のテトラサイクリンは、ホワイトニングだけで改善することは困難なため、白くするには白いセラミックの歯を入れます。
軽度であれば、ホワイトニングだけで改善できます。

(2)歯科治療、外傷などが原因となっている場合
歯に詰めていたり、被せたりしている金属の成分が溶け出したもの、歯の根の治療で神経が抜かれ、血液やリンパ液の補給ができなくなったもの、転んだ時の打撲が原因となっているものなどがあります。
ホワイトニングだけで改善することは困難です。白くするためには白いセラミックの歯を入れます。

(3)加齢にともなう変色
歳をとるにつれ、徐々に歯の色調が濃くなるもので、象牙質の厚みが増し、黄褐色が強くなります。
ホワイトニングに最適です。

(4)遺伝による黄ばみ
髪の毛や皮膚の色が遺伝するように、歯の色も遺伝します。
ホワイトニングに最適です。
 


トップへ » 当院の歯内療法(自由診療) » よくあるご質問 » ホワイトニング・審美歯科Q&A » 歯が変色するのはなぜ?


コールバック予約

PAGE TOP