トップへ » 当院の歯内療法(自由診療) » よくあるご質問 » 矯正歯科Q&A » 矯正治療では歯を抜くことがあると聞いたので心配なのですが?

矯正治療では歯を抜くことがあると聞いたので心配なのですが?

歯はかけがえのない大切な体の一部です。そういった認識を持って、できるだけ抜かない治療方針を立てることを心がけています。

しかし最近、歯を支える土台となる顎の骨が小さいため、歯を抜かなければならないケースが増えてきています。当院では、精密な検査によってあごの大きさや歯の大きさを調べたうえで、美しい歯ならびや調和のとれた横顔を得るために、どうしても歯を抜かなければならないと判断した場合のみ、患者さまの納得いくまで話し合った上で抜かせて頂くこともあります。

ただし、抜いた隙間は矯正治療により閉じてしまいます。最小の犠牲で最大の効果があがるような治療計画をご提案いたします。矯正医は、その人に一番適した機能的な歯並び、治療後の安定した歯並び、口元の美しさなどを考慮して治療方法を決定します。

アゴに奥行きや十分な大きさがある人や歯を抜くと全体のバランスが崩れる人は、歯を抜いて治療してはいけません。ただし、"絶対に歯を抜かない"とうたう治療は疑問視したほうがよいかもしれません。なぜなら歯を適切に並べるためにはどうしても歯を抜かなければならないタイプの人がいるのも事実だからです。ちなみに矯正には特殊な技術が必要なので、一般的には矯正専門医院にかかるのが安心です。
 


トップへ » 当院の歯内療法(自由診療) » よくあるご質問 » 矯正歯科Q&A » 矯正治療では歯を抜くことがあると聞いたので心配なのですが?


コールバック予約

PAGE TOP