2012年7月 « トップへ » 2013年10月

2013年6月26日

【カウンセリング】どんなことでもご質問ください

カウンセリングすぐに「じゃあ、削りましょう/抜きましょう」と処置するということにはなりません。まずは、「どんなふうに痛むのか」「いつごろから痛みを感じ始めたのか」などをよくお聞きしてから丁寧に診察します。

カウンセリングはこちら

【院内ツアー】プライベートに配慮した治療スペース

院内ツアープライベートに配慮し、清潔に管理された個室の診療室、そして最新設備を導入し、患者さまへ安心・安全な治療を提供しています。

院内ツアーはこちら

【インプラント治療】歯を失ってしまった方へ

インプラント治療インプラント治療とは重度の虫歯や歯周病、または事故などによって歯根から歯を失ってしまった場合に、失われた歯の機能を回復する治療法です。

インプラント治療はこちら

【歯内療法(根管治療)】マイクロスコープを用いた最新の歯科治療をご用意しています

顕微鏡歯内治療当院の根管治療(歯の根の治療)では、保険で改善できなかった場合、歯内療法専門の歯科医師による、実体顕微鏡(マイクロスコープ)を使用した最新で高度な治療を、積極的にお勧めしています。

当院の歯内療法(根管治療)はこちら

【審美歯科】憧れの、美しくて白い歯を実現します

審美歯科美しく白い歯は、その人を魅力的に見せてくれます。歯の色や形、素材感などが気になる方に、お勧めしたいのが審美歯科治療です。

審美歯科・ホワイトニングはこちら

副院長 松井寛

歯科医師 松井寛経歴
日本大学歯学部 卒業
日本大学歯学部長賞 受賞
神奈川歯科大学付属横浜クリニックにて研修過程 修了
神奈川歯科大学付属横浜クリニック優秀研修医賞 受賞
POI implant system Certificate 取得
IFCIA(フランス・パリ)にてインプラント研修 修了
藤本研修会 補綴・咬合コースⅠ 修了

オールマイティな診療を目指す
これまでに国内外の研修でさまざまな技術を学ばせていただきました。得意分野が専門的過ぎず、視野が広がりました。今後は、専門性を持ちながらもオールマイティに対応していきたいと思っています。口腔内の悩みや治療への不安や疑問、要望などがありましたら、遠慮せずにお話ください。

歯科医師 山本 聖士

歯科医師 山本 聖士経歴
国立新潟大学歯学部 卒業
新潟大学医歯学総合病院にて研修
POI implant system Certificate 取得
Branemark implant system Certificate 取得
藤本研修会 補綴・咬合コースⅠ
Urban Implant Institute(ハンガリー・ブダペスト)にて研修

患者さまのお口の状態は人それぞれです
治療方法、治療費、治療期間などを十分にご説明させていただき、メリット・デメリットをご理解いただいた上で患者さまにとって最善の治療を安心して受けていただけるよう心がけています。

どこか不安や疑問が解消されないまま治療を受けていないでしょうか。お悩みや治療への不安や疑問、要望などがありましたら、遠慮せずにお話ください。

歯科医師 堀澤 亮輔

歯科医師 堀澤 亮輔経歴
日本大学歯学部 卒業
日本大学歯学部学部長賞 受賞
日本大学歯学部付属歯科病院にて研修
POI implant system Certificate 取得

全ての患者さまに笑顔になっていただくことが私の目標
患者さまがお口の中に対してどのような悩み、不安を抱えているかをよく伺い、それらを解消するための最適な治療法をご提示できるよう日頃から取り組んでおります。治療終了時には全ての患者さまに笑顔になっていただくことが私の目標です。些細なことでも構いませんのでお気軽にご相談ください。

矯正歯科専門医 菊池 香織

矯正歯科専門医:菊池経歴
日本歯科大学卒業
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本成人矯正歯科学会
WSLO(世界舌側矯正歯科学会)
日本抗加齢医学会

矯正してよかった!と思っていただけるように
矯正治療は単なる歯科治療の一部というだけではなく、患者さまの人生を変えるかも知れない治療だと思っています。私自身も矯正治療の経験があり、歯並びがきれいになったことに感動して今の職業を選びました。

矯正治療は長期にわたりますが、必ず「治療してよかったな。」と思っていただけるよう全力を尽くします。一緒にかんばりましょう。
 

歯内療法専門医 梅田 貴志

ドクター紹介経歴
神奈川歯科大学 卒業
東村山インプラントセンター さくら歯科クリニック 分院長 歴任
藤本研修会 補綴咬合コースⅠ 修了
ペンシルバニア大学 Microscopic Training Course in Surgical Endodontics 修了
PESCJ: PENN ENDO STUDY CLUB IN JAPAN 修了および所属
PESCJ Outstanding Participant Award 受賞
AAE: 米国歯内療法学会 Associate Member
JEA: 日本歯内療法学会 所属
PESCJ 歯内療法認定医・インストラクター
歯内療法の詳しい情報」も是非ご覧ください。

魅せられた歯内療法領域の歯科医療
現在、歯内療法領域の治療のみを行うようになる以前は10年程の間、一般歯科臨床に携わってきました。 大学時代から歯科医療の最先端に興味があり、インプラントセンターの門を叩きインプラント学を中心に研修等に積極的に参加し臨床応用してまいりました。

大学時代や卒後研修の多くの恩師の教えに従い歯科医療とは精密でなければならず、どの歯科治療においても精度が予後を左右することを念頭に日々臨床を実践してきましたが、 歯内療法の学習をする機会を頂き、医療上のコンセプトが明確であることや盲目的な治療から直視直達できる環境への変化、 また術者主導の結果が歴然と出る歯内療法領域の歯科医療に魅せられてしまいました。

歯内療法の水準を向上させることに貢献し、結果的に患者さまの利益につなげる
以前まではインプラント学を学び臨床応用してきましたのでインプラントが非常に素晴らしい欠損補綴療法であることは十分に理解しており否定する考えは全くありませんが、現在は歯内療法領域の疾患で歯牙を抜歯することに強く抵抗を感じてしまいます。

私も以前は係わっていましたが、保険医療制度の限界と平行して我が国の歯内療法が世界的にも低水準であることや、いくつかの間違った解釈をされていることに気付き、 微力ながらも我が国の歯内療法の水準を向上させることに貢献し、結果的に患者さまの利益につなげることができればと考えております。

ドクター紹介

スタッフ

スタッフ紹介

当院の治療は、まず説明から入らせて頂きます

院長あいさつ

治療は患者さまとのお互いの信頼関係によってはじめて成り立つものだと思います。そのため、患者さまの訴えはもちろんのこと、本当に気になっている訴えの部分をよりカウンセリングで探し出し、お互いが治療に納得して行なうことがよい治療の第一歩だと思います。

また、その上で一時的な治療ではなく、これからの予後をしっかり考えた治療を心がけております。よく理事長から「一日中、一晩中、患者さまのことを考えろ。そうすれば良い治療がきっと見つかるはずだ」と言われます。実際、治療で行き詰まった時も常に患者さまのことを考え、どんな状況になっても患者さま本位の治療ができればと思います。

歯科治療は医療と違って、あまり生死に関わるものではありません。ただし、歯医者は患者さまのQOL(生活の質)をあげることができます。私は私と関わった患者さま全てに、QOLの向上を図るお手伝いをしていけたらいいなと思います。

プロフィール

院長プロフィール東村山インプラントセンター
さくら歯科クリニック院長 足立真吾

【略歴】
東京歯科大学 卒業
POI implant system® Certificate 取得
Replace Select implant system® Certificate
Branemark system® Certificate 取得
T32 Dental Centre(シンガポール)にて研修
オッセオインテグレーションセンター上海にて研修
オッセオインテグレーションセンター香港にて研修
藤本研修会 補綴咬合コースⅠ Certificate
藤本研修会 補綴咬合コースⅡ Certificate
THE IMPLANT ACADEMY Certificate

2013年6月25日

歯周病を防ぐために、ぜひ予防と定期検診を

歯周病は、日本人の4人に3人がかかっていると言われ、しかも静かに進行していく病気です。重症になると歯を失う原因にもなりますので、日頃からの予防と早めの治療をお勧めします。

当院の歯周病治療は、
●定期ケアから重度の歯周病治療まで幅広いメニューを揃えています
●歯を抜かずに治せる再生治療も行います

歯周病

怖い歯周病から、自分の歯を守りましょう
特に初期段階ではほとんど自覚症状がありません。腫れや出血などの症状が現れた頃には細菌による歯周組織の破壊がかなり深刻化し、すでに手遅れになっていることも少なくありません。

定期的なケアと、早めの治療が重要
定期的に歯科検診を受け、歯周病を早期発見、早期治療し、大切な歯を守りましょう。治療後、正しい知識とブラッシング法を学び、患者さま自身が意識を少し変えて、お口の中の環境を整えれば、歯の寿命を大幅に引き延ばすことができます。

歯周病治療のポイント
・歯周病は自覚症状が出にくく静かに進行する
・早期発見・早期治療が大切
・正しい知識とブラッシング法で改善できる

歯周病は全身疾患と深い関係があることも

歯周病近年の研究では、歯周病は全身疾患と深い関係があることがわかってきました。歯周病菌が唾液を介して全身に広がると、糖尿病や心臓血管疾患、肺炎などを引き起こし、さらには早産にも影響を与えるとさえ言われています。


歯周病チェックシート
あてはまる数が多いほど歯周病の可能性が高くなります。全身の健康のためにもしっかりチェックしましょう。

□ 1.歯磨きをすると、出血する
□ 2.歯ぐきが赤く腫れている
□ 3.冷たいものが歯ぐきにしみる
□ 4.歯がグラグラしている
□ 5.歯並びが悪い
□ 6.歯ぎしりや歯の食いしばりがある
□ 7.歯と歯の間に食べ物がはさまりやすい
□ 8.口臭がある
□ 9.歯が長くなったように見える
□ 10.朝起きたとき、口の中がネバつく
□ 11.口呼吸している
□ 12.喫煙している
□ 13.糖尿病、高血圧である
□ 14.妊娠や更年期でホルモンバランスが乱れやすい

歯周病の進行具合と治療方法について

軽度歯周病軽度歯周病
歯と歯肉の間に歯垢(プラーク)や歯石が溜まり、細菌が繁殖している状態です。歯肉に炎症が起きて腫れや出血が見られます。

●ブラッシング指導を受けて、的確な歯磨きを行う。
●歯のクリーニングを1~2回受ける。

中等度歯周病中等度歯周病
口臭や出血がひどく、歯石の付着が目立つ状態です。骨の後退が徐々に進み、歯周ポケットが深くなると、歯がぐらつき始めます。

●歯周ポケットの奥に付着している歯石を除去する。
●痛みが伴うときは、麻酔が必要。
●歯周ポケット(歯肉溝)の深さが4mm以上の場合は、歯周外科の適応になる。

重度歯周病重度歯周病
歯肉が化膿して真っ赤に腫れ、骨が破壊されて後退し、歯の動揺が大きくなった状態です。

●重度の場合は、歯周外科へ。
●それでも保存ができないときは、残念ながら抜歯。

定期ケアから重度の歯周病に対応する幅広いメニュー

【スケーリング】定期的な施術で口腔内環境を整えるスケーリング
スケーリングとは、歯に付着している汚れや歯石などを取り除く治療方法です。この処置により、プラークが付きにくくなり、歯周病が改善されます。

歯石の表面はザラザラしているためプラークが付きやすく、なかなか落ちません。また、歯石は除去しても、しばらくすると再形成されるので、定期的にスケーリングを受けることが必要です。

【歯肉切除】比較的簡単で短時間で完了する手術
歯肉の腫れがひどいとき、歯周病の悪化を防ぐために行う治療で、不要な歯肉を切除して縫合します。手術は比較的簡単で、短時間で行なうことができます。

【歯周ポケット掻爬(そうは)術】歯周ポケットの深さを浅くする
歯肉に麻酔をして、歯周ポケットの奥の歯石や歯垢を除去する手術です。歯周ポケットの深さが3~5mm程度の比較的軽症の場合に行なう治療で、歯周ポケットが浅くなり、プラークが溜まりにくい環境を作ります。

【フラップ法(Fop)】奥深くに潜むプラークを除去
歯ぐき(歯肉)を切開して歯槽骨から剥離し、歯根に付着したプラークや歯石を除去します。必要に応じて歯槽骨の清掃や、ダメージを受けた歯肉組織の除去も行ない、歯肉を元の状態に戻します。

進行した歯周病も歯を抜かずに治せる再生治療

再生治療従来の治療では、重度の歯周病は抜歯をして入れ歯にするのが一般的でした。当院では、失った骨を再生する再生治療を行っていますので、重度の歯周病でも歯を抜かずに治療できます。

GTR(骨再生誘導法)
歯周病菌に溶かされた骨の部分に、医療用のゴアテックスの皮膜を被せて骨を再生させる治療方法です。

歯周ポケットの汚れを除去し、特殊な人工膜(メンブレン)を入れて歯肉が入り込むのを防ぎ、歯槽骨や歯根膜が回復するスペースを保ちます。歯肉が再生すると歯槽骨がゆっくりと回復してきます。その後、メンブレンを取り除くために、再手術を行います。この治療により、歯槽骨の状態が悪い方でもインプラント治療が可能になりました。

エムドゲイン(歯周組織再生誘導材料Emdogain)
欧米人に比べると日本人の歯肉は薄いため、GTR法の手術が困難な場合があります。これに変わる治療がエムドゲイン法です。

これは、歯周ポケット内部の汚れや細菌を除去した後、エムドゲインゲルを注入して歯周組織を再生させる治療法です。効果は1回で現れ、再手術を必要としません。ただし、再生範囲が狭まるため、広範囲の再生治療には適しません。

エムドゲインとは?
スウェーデンで開発されたたんぱく質の一種で、子どもの成長期には欠かせない物質です。現在、世界中で普及し、感染症などの報告ななく、安全で治療効果が高いとされています。

【根管治療(歯内療法)】歯を抜きたくない、歯を残したいという方へ

顕微鏡歯内治療

当院の根管治療(歯の根の治療)では、保険治療で治らない場合や難症例の場合は、顕微鏡を用いた治療を行います。実体顕微鏡(マイクロスコープ)を使用して、歯や歯の内部にある神経、周囲の歯肉の治療などをミクロレベルで行うことができます。当院では、歯内療法専門の歯科医師によるこの最新で高度な治療を、積極的にお勧めしています。

肉眼に頼った治療だけでは、時間をかけて根の治療を行っても、なかなか症状が良くならない場合があります。しかし、顕微鏡下でミクロレベルの治療を行うことにより、肉眼では発見できなかった原因が判明し、治癒へと導くことも可能になるのです。

※立川市の専門診療所へのご紹介となります(当医療法人グループ内の医院

根管治療(歯内療法)とは?
精密根管治療(マイクロエンド)とは?
精密根管治療(マイクロエンド)の効果
マイクロエンド治療の流れの一例

【根管治療(歯内療法)】歯を抜きたくない、歯を残したいという方へ

根管治療(歯内療法)とは

虫歯の治療の際、「患部を削って差し歯にする」といったプロセスの中で、「細い金属の器具を、歯の根の内側に何度もグリグリと差し入れては引き抜く」という工程を経験された方は大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

それが、一般的に行われている根管治療(歯内療法)で、歯の中にある歯髄という組織に病気が生じた場合に行う、歯科治療方法のひとつです。

通常の根管治療だけでは治癒が難しいケースもあります
多くの方が上記のような治療を経験しているように、根管治療は、日常的に行われる歯科治療方法のひとつです。しかしその際には、虫歯の痛みや違和感といった症状が消え、お薬を詰めた後のレントゲン写真で異常が見られなければ終了...となることがほとんどです。

もちろん、治療結果をレントゲンで確認することは大事なことです。しかし、根管治療というのは、実はとても難易度が高いものなので、レントゲンには映らない「影の部分」に問題が残っているケースも珍しくありません。

肉眼では見えないところを、勘や経験を頼りに手探りで治療している状況では、確実な治癒が難しいのも事実なのです。

顕微鏡を使えばよい...というわけではありません
そのため、アメリカやヨーロッパといった、歯内療法や根管治療のシステム水準が高い国々では、治療に顕微鏡を用いることが日常化されています。また、日本国内においても、治療精度を高めることに意欲的な歯科医師の方々は、顕微鏡やルーペを導入し、治療に用いるようになってきました。

しかし、「顕微鏡を使いさえすれば、必ず治療が上手くいく」ということではありません。 特に、微生物や細菌への対処が重要となる歯内療法の分野では、その対処が不完全であれば、何度治療をしても再発してしまう...というトラブルを引き起こしてしまうのです。

さらには、治療中に用いる顕微鏡は「実体顕微鏡」というもので、顕微鏡の中では比較的低倍率(2~25倍程度)のものです。そのため、治療箇所を見やすくすることはできても、細菌などの微生物までを視覚的に確認できるわけではありません。

最新治療を活かすのは細心の注意と医師の技術力根管治療(歯内療法)とは
そういったことから、歯内療法で大切なことは、まずは「細菌に対するコントロールをしっかり行なうこと」です。そしてその上で、高性能な顕微鏡を用いて徹底した根管治療を行い、「二度とトラブルを起こさせず、歯の寿命を伸ばす」といったコンセプトを守って治療することが非常に重要なのです。

歯科治療の基礎ともいえる治療ですが、肉眼では分かりにくい部分の処置であるため、治療の精度は医師の技術力に左右されます。そしてまた、「高性能な治療器具や精密機器を巧みに使いこなす力」も、医師に必要な技術力の一端なのです。

精密根管治療(マイクロエンド)をご存じですか?

マイクロエンド

「マイクロエンド」とは、肉眼では見えないほど小さな患部さえも拡大して、しっかり確認できる顕微鏡(マイクロスコープ)を使用した精密根管治療のことです。

ミクロレベルの繊細な技術が求められます
歯の根管内は細く入り組んだ形状をしています。途中で曲がっていたり枝分かれしたりしている上に、歯それぞれに違う形状をしているため、細部までを肉眼で確認すること困難です。

さらに、そういった個々の複雑な形状に併せて治療しなければならないため、マイクロエンドの治療には、ミクロ単位の歯科技術が求められます。

マイクロエンドが必要な治療があります
歯の神経を取る抜髄や、なかなか治らない根尖病巣の根管治療、深い虫歯治療など、すべてをマイクロエンドで行うのがベストです。ただし、すべての根管治療をマイクロエンドで行うと費用がかさんでしまうことから、当院では、患者さまと相談をしながら治療を進めています。

扱える専門医はごくわずかです
歯科医療の先進国・アメリカでは、ほぼ100%の歯科医院がマイクロスコープを導入していますが、日本における導入率は低く、根管治療を専門に行う大学病院の医局でも、マイクロエンドを行える歯科医はわずかというのが現状です。

マイクロエンドを導入すれば、治療の確実性は間違いなくアップすると分かっていても、機器そのものが高額な上に操作方法も難しく、取り扱うにはトレーニングが必要であることが導入を難しくしています。

当院では、専門医による治療が受けられます!
マイクロエンド当院には、歯内療法(根管治療)の専門医である梅田貴志医師が在籍していますので、患者さまには、高度なマイクロエンド治療を安心して受けていただけます。梅田医師による治療をご希望の方は、ご予約をお取りしますので、お問い合わせください。

梅田貴志医師の経歴はこちら

今までの根管治療の問題点とは

根管治療

「根の治療をしてもらったけど再発した」「今も治療に通っているけど、なかなか治らない」といった経験のある方は、「根の治療って大変だな...」と思われているでしょう。

実は、 それは歯科医師としても同様の感想なのです。なぜなら、肉眼では見えないところを、経験と勘を頼りに手探りで治療するようなものだったからです。

歯科治療は外科領域です
歯科医師は、歯や歯ぐきなどの人体組織に直接手を加えるのですから、大きな分野で考えると「外科分野の治療」をしていることになります。 外科手術の基本は「術野の明視」。すなわち根管治療も、本来なら「手術する部分を確実に見ながら処置しなければならない」はずなのです。

失敗のない、確実な治療を実現する秘策があります

マイクロスコープ近年では歯科医療の分野においても、治療器具や材料が飛躍的に進歩しています。もちろん、 歯科手術用実体顕微鏡(歯科用マイクロスコープ)も、そのうちのひとつで、アメリカでは、根管治療時にはマイクロスコープの使用が一般的となっています。

今後は日本でも、この装置が根管治療時に必須となると考えられますが、マイクロスコープ自体は治療器具ではなく、術野を精細にしてくれる装置に過ぎません。マイクロエンドを行うには、他にも細かな治療器具が必要になりますし、 細菌をコントロールすることも大前提となります。

しかしながら、肉眼では確認できなかった原因が把握しやすくなることは確かなので、治せる機会は格段に増えるでしょう。今まで発生していた、歯内療法、根管治療における失敗の多くは、このマイクロエンドによる確固とした治療コンセプトと、専門的な知識と技術によって解決すると考えます。

マイクロエンド治療の流れの一例

マイクロエンド治療の流れ

根管治療の処置は、歯の状態などによって治療手順や通院期間が異なりますが、一般的には、次のような流れになります。※治療前に麻酔をかけますので、処置中の痛みはほとんどありません。

【1】初診時レントゲン撮影
マイクロエンド治療の流れレントゲン写真では、根の周りに大きな黒い影が見える状態。この歯に対する治療は当院で行うと3回目とのこと。約1年前に他院にて再治療(2回目の治療)を受けたが、最近歯ぐきが腫れてきて、噛んだり押したりすると痛むようになり、他院からの紹介で当院に来院。

※紹介元の歯科医師によると「根が割れているかもしれない」とのこと。既存の根管治療についての所見としては、それほど不十分な治療であった印象はない。また、前医では感染を防ぐラバーダムの装着もあったとのことである。

次へ
【2】根管治療開始時
マイクロエンド治療の流れカウンセリング後、同意を得て治療開始。左側の2つの穴をつなぐ部分には、歯髄の取り残しが大量に含まれている様子。一見すると、通常の神経管の配置と見受けられる。

次へ
【3】根管治療中
マイクロエンド治療の流れしかし、顕微鏡下で観察しながら治療すると、右側の穴の下の方に新しい神経管が出現。これについては、以前の治療では全く手が施されていない状態だったと思われる。

次へ
【4】根管治療完了時
マイクロエンド治療の流れ可能な限りの汚れを取り除き、消毒した後に、細菌が再度繁殖しないように神経管を塞いだ状態。この時点で、初めにあった症状はすべて消失。

次へ
マイクロエンド治療の流れ 【5】治療完了時のレントゲン写真
治療期間は、4回の来院で約1ヶ月。この後に紹介元の先生に戻り、被せの治療を施していただく。
根の周りの黒い影の変化については、1年後に再度の検査を必要とする。

「保険治療」と「自由治療」の違いを知っていますか?

保険治療と自由治療

歯科治療は、保険治療と保険外の自由治療に分けられます。保険治療と自由治療では、治療費に約3倍から10倍以上の違いがあります。保険治療は安価で治療を受けることができ、軽度の虫歯治療など保険治療で十分なものもあります。

保険治療のデメリット
しかし保険治療では治療法が限られ、限られた時間・費用の中での治療となってしまうことが多いのです。またあらかじめ決められた材料しか使うことができないので、長持ちさせることが難しく、また、審美的な面などで課題が残ることがあります。

自由治療のメリット
材料や治療法にも制約がなく、歯科医師が最大限の技術を発揮し、十分な時間をかけて治療を行うことができるので、治療の質は保険の場合よりも良くなる可能性が高まります。

型取りから違うのが自由診療です
例えば。精度の高い被せ物や詰め物などの治療を行うためには、正確な歯型を取る必要があります。とても重要なプロセスの型取りですが、使用する素材は保険治療と自由治療では大きく異なります。

その他にも、

●治療の手順
●使用できる素材・材料
●使用できる機材

など、保険治療に比べて制約がないため、結果として、保険治療に比べて、自由診療の方がずっと長持ちすると言えるのです。また、見た目が美しく、天然の歯に近い状態に治療することが可能です。

自由治療のデメリット
自由治療は、保険と比べると非常に高価で、歯科医師や歯科医院によって、技術も治療内容も大きく異なります。患者さま自身が治療を選択できる知識や情報を得ていることが必要です。

以下のような治療の場合、自由治療となります
インプラント
審美歯科・ホワイトニング
矯正治療
専門医による根管治療(歯内療法)

インプラントQ&A

インプラント治療は簡単ですか?
インプラントは安全ですか?
治療の説明は受けられますか?
インプラントは一般的ですか?
インプラントの成功率は?
インプラントの長所・短所は何ですか?
インプラントは何本必要ですか?
骨がなくてもできますか?
自然な感じに、わからないようにできますか?
メインテナンスは必要ですか?
治療期間はどのくらいですか?
待っている間は、歯がないのですか?
治療費はどれくらいですか?
処置は痛くないですか?
処置の後は生活に支障がありませんか?
手術の時間はどれくらいですか?
保証とかはありますか?
金属アレルギーなのですが大丈夫ですか?
歯を抜いてすぐにインプラントをすることはできますか?
設備や処置環境はどうですか?
上にかぶせるもの(上部構造)は?
術後の薬は?
PRPってなんですか?
上アゴの骨が少ないって言われましたが、インプラントをすることはできますか?
骨粗鬆症と言われたのですが、インプラントはできますか?

 

インプラント治療は簡単ですか?

通常の治療自体は必ずしも難しいものではありませんが、多くの症例経験と充実した設備・環境が整っている必要があります。当クリニックでは既に1000症例以上の経験がございます。一般的にドクターが一人前になるまで100本以上の埋入経験が必要といわれております。
 

インプラントは安全ですか?

インプラントは安全です。
現在、全ての大学病院で行われているくらい普及しています。また、しっかりとした設備と経験を持っていれば高い安全性があります。
 

治療の説明は受けられますか?

インプラント治療を行う前には、レントゲン写真や模型、参考資料を使って通常30分以上かけてご説明致します。ただそれでも内容を100%理解することは難しいかもしれませんが、説明を通じて私たちの考え方や姿勢を感じていただき、そのドクターを信頼していただけるかどうかだと思います。

インプラント治療は費用もかかりますし、外科的な処置も必要ですから何度もやり直したくないということは私たちも理解しています。説明時には患者さまにとって嫌なことも正直にお伝えしなければならないこともあります。その過程で患者さまとドクターの間で信頼関係を築き安心して治療をうけていただけることが大切だと考えております。
 

インプラントは一般的ですか?

当クリニックでは2日に1人の割合でインプラント手術を行っています。
今は入れ歯か差し歯かインプラントかブリッジか選べます。
 

インプラントの成功率は?

当クリニックでは98%の成功率です。昨年度は100症例以上のオペを行っています。100%ではないことは事実です。50本インプラントを行うと1本脱落する場合があります。脱落した後は、通常1ヶ月待って再度インプラントを行います。
 

インプラントの長所・短所は何ですか?

どの治療にもメリット、デメリットがあります。インプラントのデメリットは費用がかかることと、外科的処置(抜歯程度)が必要なことです。メリットは取り外しの必要がないこと、審美的なこと、食事の制限がないこと、歯よりメインテナンスが楽なこと、発音障害が少ないこと、隣の歯への負担が少ないこと、快適であることなどです。
 

インプラントは何本必要ですか?

実際患者さまのお口の中や骨の状態などを見ませんと正確なことはいえませんが、一般的に上顎・下顎の小臼歯から小臼歯までは歯1本につき1本、奥歯(上顎・下顎の大臼歯)については基本的に歯1本につき2本ですが、ケースにより太いインプラントを1本いれる場合もあり、噛み合わせなどによっても変わります。
 

骨がなくてもできますか?

インプラント本体を少し斜めに入れたりして出来る場合もありますが、骨移植が必要な場合もあります。
 

自然な感じに、わからないようにできますか?

歯がなくなると歯ぐきもなくなります。歯ぐきが大きくやせている場合は審美的に満足を得ることは難しくなりますが、審美的要求の高い場合は歯肉の移植が必要です。
 

メインテナンスは必要ですか?

基本的に自然の歯よりもメインテナンスは楽ですが、3~6ヶ月に1度は見せて頂いた方が良いです。
 

治療期間はどのくらいですか?

一般的に下顎で3、4ヶ月、上顎で5、6ヶ月待たなければなりません。
 

待っている間は、歯がないのですか?

インプラントをいれた両隣に歯があれば仮歯を接着していれたり、骨が硬ければその日に仮歯を入れることができます。
 

治療費はどれくらいですか?

当クリニックでは1本\100,000~\250,000で行っています(上部構造を除く)。
 

処置は痛くないですか?

当クリニックでは大学病院の歯科麻酔医と連携しておりますので、静脈内鎮静法を行うことで患者さまは有意識下でかつ無痛的に治療をうけることができます。
 

処置の後は生活に支障がありませんか?

処置当日は出来る限り安静にしていることが望ましいですが、4本から5本までなら家事や事務仕事なら問題ありません。
 

手術の時間はどれくらいですか?

2、3本くらいまでなら30分程度です。ただし処置の前にはクリーニングや消毒で30分、処置後に少し休んでいただくのを30分とすると1時間30分程度で終わります。
 

保証とかはありますか?

当クリニックではインプラント本体に対して5~20年の保証は致します。ただし、ケースによっては対象外になるものもあります。5~20年しか持たないという意味ではなく、確実に保証ができる年数ということです。
 

金属アレルギーなのですが大丈夫ですか?

インプラントはチタンからできていますが、チタンは生体為害性が最も少ないと言われています。
 

歯を抜いてすぐにインプラントをすることはできますか?

感染が広範囲でなければ、歯を抜くと同時にインプラントを行うことができます。
 

設備や処置環境はどうですか?

徹底した器具・器材の滅菌を行っています。当院にはインプラント専用手術室があります。
 

上にかぶせるもの(上部構造)は?

外科治療を成功に終わらせたとしても、そこに装着する上部構造が完全なるものである必要があります。当クリニックでは歯科技工所の[ 清浩会デンタルラボ ]を併設し、常勤の4人の技工士がより個々の患者さまにあった細かいニーズに合わせた微妙な製作や、時にはその場でドクターと技工士がチームアプローチとして取り組むことが可能です。
 

術後の薬は?

通常、抗生物質・消炎鎮痛剤を飲んでいただきます。
 

PRPってなんですか?

PRP(多血小板血漿 / Platelet Rich Plasma)は患者さまご自身から少量の血液を取り出し、遠心分離機にかけて血小板を分別・濃縮したものです。このPRPは移植骨材の接着力を高め、新生骨の成長を保持する骨格として働くことで移植骨全体に骨伝導性の作用をもたらせます。
 

上アゴの骨が少ないって言われましたが、インプラントをすることはできますか?

サイナスリフト[Sinus=上顎洞 Lift=持ち上げる](上顎洞底挙上術)が必要になる場合があります。インプラントを確実に保つには強固な骨にインプラントを入れることが重要なポイントです。

しかし、年齢に関係なく部位によって骨の厚み・硬さが異なります。特に上顎の臼歯部では歯の上(頬の下)あたりに上顎洞という大きな空洞があり、骨が薄い部分ではインプラントを固定するのに十分な骨量が得られない場合があります。そういった場合、足りない部分に骨移植を行うことで(骨によって底上げをすることで)確実な処置が行えます。

また、現在では使用されているインプラント体で最も短いもので6mmですので、骨の厚みが6mmでもあれば、骨移植をしなくてもインプラントを入れることが可能になりました。
 

骨粗鬆症と言われたのですが、インプラントはできますか?

基本的に可能です。
ただし、ビスフォスフォネート剤を日常的に使用している方は、注意が必要のため、主治医と相談していただくことがあります。

ホワイトニング・審美歯科Q&A

自分の歯の色は何色?
歯が変色するのはなぜ?
歯磨きで白くすることは?
個人輸入のホワイトニング剤で白くすることは?
歯磨き粉のホワイトニング成分の見方
セラミックで白くする

 

自分の歯の色は何色?

歯のカラーガイドは、黄色とか白などの色の種類ではなく、色の明るい、暗いによって分類されています。上記のカラーガイドでは、左に行けば行くほど、歯の色の明るさが高いことを示しています。日本人の平均は、A3~A3.5の色になります。他人から見て「あの人は歯が白い」と感じてもらえる明るさは、大体A1以上です。
カラーガイド
 

歯が変色するのはなぜ?

歯の変色には、表面の汚れが歯を変色させている外因性によるものと、エナメル質・象牙質の変化による内因性によるものがあります。外因性によるものは、クリーニングで汚れを落として白くしていきます。内因性によるものは、歯のホワイトニングや人工の歯などで白くしていきます。

【外因性(歯の表面の汚れが歯を変色させている)の場合】
(1)日ごろの磨き残し
歯の表面にステイン(汚れ)がついている状態
⇒歯磨きでは磨けないところをティース・クリーニングで研磨していきます。

(2) 喫煙や嗜好飲料の取りすぎ
喫煙やコーヒー、紅茶、コーラ、ウーロン茶などの常飲によるもの
⇒重曹のジェットパウダーを吹き付けて、ヤニや茶渋を吹き飛ばします。

【内因性(エナメル質・象牙質の変化)の場合】
(1)歯の形成過程で問題が生じた場合
歯ができていく過程で影響を受けた場合は、歯列全体に渡ってエナメル質・象牙質の質・量が変化し、内部構造に色素が沈着されて変色を起こします。
最も多いのは、テトラサイクリンという抗生物質(妊娠中にテトラサイクリンを服用していた場合に発生する)による変色で、その他にはエナメル質形成不全症、フッ素沈着症などによる変色があります。
重度のテトラサイクリンは、ホワイトニングだけで改善することは困難なため、白くするには白いセラミックの歯を入れます。
軽度であれば、ホワイトニングだけで改善できます。

(2)歯科治療、外傷などが原因となっている場合
歯に詰めていたり、被せたりしている金属の成分が溶け出したもの、歯の根の治療で神経が抜かれ、血液やリンパ液の補給ができなくなったもの、転んだ時の打撲が原因となっているものなどがあります。
ホワイトニングだけで改善することは困難です。白くするためには白いセラミックの歯を入れます。

(3)加齢にともなう変色
歳をとるにつれ、徐々に歯の色調が濃くなるもので、象牙質の厚みが増し、黄褐色が強くなります。
ホワイトニングに最適です。

(4)遺伝による黄ばみ
髪の毛や皮膚の色が遺伝するように、歯の色も遺伝します。
ホワイトニングに最適です。
 

歯磨きで白くすることは?

汚れを取るのであれば、歯磨き粉でも十分に効果があります。但し、あまり強い研磨剤の歯磨き粉を使うと歯の表面が削れて、逆に着色しやすくなるので、注意してください。

黄ばんだ歯を白くできるか? についてですが、黄ばみの原因である有機着色物を分解できるのは、今のところ過酸化水素などの過酸化物だけであり、現在の日本で市販できる歯磨き粉には過酸化水素を混ぜて販売することは禁止されています。

アメリカから通販で過酸化水素入りの歯磨き粉を購入することもできますが、過酸化水素の反応を引き出すには10分以上は歯の表面に定着させておくことが必要であり、1・2分磨いて、ウガイでは十分に作用させることは難しいと思います。
 

個人輸入のホワイトニング剤で白くすることは?

アメリカから通販で購入できるホワイトニング剤について、「安全か?」「効果はあるのか?」 という問い合わせが多数寄せられます。一口に通販で販売しているホワイトニング剤といっても、様々な種類があります。

アメリカで販売されているホワイトニング剤は、
(1)歯科医院でしか扱えないもの(プリスクリプションと言って歯科医師免許が無いと買えない)
(2)ドラッグストアで扱える範囲のもの(オーバー・ザ・カウンター・メディスンと言って処方箋の 要らない売薬)
の2種類に大別されます。

歯科医師免許を持たない方が通販で購入できるのは、オーバー・ザ・カウンター・メディスンのほうです。風邪薬も、内科医で処方してもらうものと、薬局で手軽に買えるものの2種類があるようにホワイトニング剤も同様に2種類あります。

日本の薬局やドラッグストアでは、最も漂白効果の高い成分である過酸化水素が含有したホ ワイトニング剤を販売することは一切禁じられていますが、アメリカの場合は低濃度であれば 過酸化水素含有のホワイトニング剤をドラッグストアで販売しても良いことになっています。

オーバー・ザ・カウンター・メディスンの中には、粗悪品もあり、「歯や歯ぐきに対するトラブル」で、 訴訟が起きたりしています。全てのオーバー・ザ・カウンター・メディスンが良くないかというと、決してそのようなことはなく、良質なものもあります。

オーバー・ザ・カウンター・メディスンを購入してホワイトニングをされたい方は、製品選びの基準として、ADA(アメリカ歯科医師会)の認証マークがあるものをお勧めします。
また、例え良質な製品を選択したとしても、歯と歯ぐきの健康状態が良好でなければ、ダメージを負ったり、痛み出したりします。

事前に歯科医院で定期検診を受け、歯と歯ぐきの健康状態をチェックされたほうが安全に使用できます。
 

歯磨き粉のホワイトニング成分の見方

白くなるハミガキ粉の成分には、大きく分けて歯を漂白して黄ばみを取るホワイトニング成分と、歯の汚れを研磨して元の白さを取り戻す研磨成分があります。

「過酸化水素」は、歯を漂白して白くする成分で、濃度の高いものが、歯科医院で行うホワイトニング剤に含まれています。日本では、過酸化水素入りの歯磨き粉は、薬事法の関係で店頭販売することができません。

尚、アメリカ歯科医師会(ADA)は歯科医師の薦めや、指示のもとでのみブリーチングを行うべきだと忠告しています。歯についたコーヒーやお茶などの茶渋、タバコのヤニなどの汚れを取り除く場合は、研磨剤で落とすようになります。本来、歯ブラシがしっかりとあたっていれば、研磨成分がなくてもむし歯や歯周病の原因であるプラーク(歯垢)や付着したばかりの汚れは十分に落ちます。

ただ、歯ブラシを歯にしっかりと当てる、ということが簡単なようで非常に難しく、プラーク(歯垢)が固まった歯石は歯科医院でないと落ちませんし、汚れも時間とともにガンコにこびり付くので、研磨剤で落とすようになります。この研磨剤は、少量なら良いのですが、歯を削っていく行為にあたるわけですから、研磨剤が多く入っているハミガキ粉を高頻度で使うと、歯の表面が凸凹になり、かえって歯に汚れが付着しやすくなります。

ホワイトニング用ハミガキ粉と宣伝しているものは、この研磨成分が多く入っています。研磨成分には次のようなものがあります。

<重炭酸ナトリウム 、リン酸水素カルシウム、陶土、ベントナイト、シリカ、炭酸カルシウム、 酸化チタン、卵殻、ヒドロキシアパタイト>
 

セラミックで白くする

次のような方は、ホワイトニングではなくセラミックで歯を白くします。

(1)すでにセラミックの歯が入っているが、それを白くしたい
⇒ホワイトニングは人工の歯には有効ではないため、セラミックで白い歯を作りなおします。

(2)金属やプラスチックの詰め物、被せ物があり、それを白くしたい
⇒上記同様、ホワイトニングは人工の歯には有効ではないため、セラミックの白い歯を作りなおします。

(3)神経の無い歯を白くしたい
⇒ホワイトニングでも多少白くなりますが、このような場合「ウォーキングブリーチ」といって、歯に穴をあけ漂白剤を流し込む方法と、セラミックを被せる方法の2種類があります。

ウォーキングブリーチは、歯の内部にガスが溜まって破切したり、歯の根が溶け出して組織に吸収されたりするリスクがあります。セラミックの場合は、歯を切削する必要があるのと、料金が高額です。

(4)白くなるだけでなく、歯並びや歯の形を改善したい
⇒セラミックの歯は、多少の歯並び不正であれば矯正をせずとも歯並びや歯の形を改善できます。但し健康な歯を削ることになるので、対象とする歯に疾病が無い限りはあまりおすすめできません。

(5)テトラサイクリンによる変色歯の場合
⇒テトラサイクリンという抗生物質の影響で、変色が重篤なものは、ラミネートベニアという手法でセラミックを被せます。軽度の変色であれば、ホワイトニングでも改善が可能です。

どこまでが、ホワイトニングで可能か、どこまでがセラミックでないとできないかは、その歯科医院の経験や薬剤によって異なるので、明確な線引きはできませんが、茶色系の変色で縞模様になっているものはホワイトニングでもかなり改善できます。変色が灰色であったり、濃い茶色であったりする場合には、ラミネートベニアで対応します。

矯正歯科Q&A

相談に行ったら必ず治療を始めなければいけないの?
土曜も診療していますか?
矯正治療により顔つきまできれいになると聞いたのですが?
矯正治療はいつ頃から開始したらよいのですか?
矯正治療は大人になってからもできますか?
痛みはありますか?
食事は普通どおりでいいのですか?
日常生活になにか制限はありますか?
治療期間はどのくらいですか?
通院間隔はどのくらいですか?
虫歯になりやすいと聞いたのですが?
矯正治療では歯を抜くことがあると聞いたので心配なのですが?
差し歯や、ブリッジの歯がありますが矯正治療できますか?
料金が高いと聞きましたが?
矯正装置が目立つのがいやなのですが?
妊娠中や出産を控えている場合でも矯正治療はできるのでしょうか?

 

相談に行ったら必ず治療を始めなければいけないの?

そんな事はありません。現状と治療方法をご説明致しますので、必要と感じご納得頂けてから始めて頂ただいて結構です。
 

土曜も診療していますか?

土曜日も診療していますので、忙しい方でも安心して通院していただけます。
 

矯正治療により顔つきまできれいになると聞いたのですが?

実際、前歯が出ているような方の場合、矯正治療により前歯の位置が後退することで唇も自然な形に変化します。また、良く噛めるようになるため、お口の周りの筋肉をよく使うようになり引き締まってきます。さらに、自信を持って笑うことが出来るようになるため、笑顔がとても素敵になります。
 

矯正治療はいつ頃から開始したらよいのですか?

不正咬合の状態や程度は個人によって違いますので、最適な治療開始時期は一概にはいえません。早めに治療した方が効果が高い場合と、少し待ってもよい場合があります。気づいた時点で早めにご相談していただければ、その方にとって最適な治療開始時期をお知らせいたします。
 

矯正治療は大人になってからもできますか?

もちろん大人でも矯正治療は可能です。最近は大人で矯正をおこなう人が増加しています。年齢に制限はありません。お気軽にご相談ください。
 

痛みはありますか?

矯正治療によって生じる痛みにはかなり個人差があるようです。感じ方は様々ですが、お口の中に矯正装置が入ると、2、3日歯が浮いたような感じになり、食事の時に物をかむと痛みを感じる方もいらっしゃいますが通常4、5日もすれば痛みもなくなります。最近では矯正装置の進歩により以前に比べ、従来よりも大幅に痛みを軽減することが可能になってきました。また、当クリニックではできるだけ痛みを感じないような治療を心がけております。
 

食事は普通どおりでいいのですか?

矯正装置によっても多少違いはありますが、普通の食事であれば問題ありません。しかし、硬い食べ物や粘着性のあるガムやキャラメルなどは、装置を壊す原因にもなりますのでできるだけ避けてください。
 

日常生活になにか制限はありますか?

特に制限はないのですが、ボクシングやラグビーなどのようなぶつかり合うスポーツはお口の中を傷つける可能性があるので注意が必要です。激しいものでなければさしつかえありません。また、吹奏楽をされている方もいらっしゃいます。
 

治療期間はどのくらいですか?

治療期間につきましては、個人差がありますが、一般的に口の中に固定式の装置が入る期間は、全体的な治療では1年半~2年半くらいかかります。部分的な治療では、1年以内で終わることもあります。
 

通院間隔はどのくらいですか?

歯並びが整うまでは、ワイヤーの太さを交換したり、バネやゴムなどで歯を移動させるため、月1回のペースの通院が必要です。その後、歯並びを安定させる保定装置に切り替わったら、数ヶ月に1回のチェックでOKです。
 

虫歯になりやすいと聞いたのですが?

たしかに、お口の中に矯正装置が入ることにより、汚れが残りやすくなってしまい、せっかく矯正治療で歯ならびを治しても虫歯になってしまっては、台無しになってしまいます。治療前および、治療中も必要に応じて歯磨きの指導およびクリーニングをいたしますのでご安心ください。
 

矯正治療では歯を抜くことがあると聞いたので心配なのですが?

歯はかけがえのない大切な体の一部です。そういった認識を持って、できるだけ抜かない治療方針を立てることを心がけています。

しかし最近、歯を支える土台となる顎の骨が小さいため、歯を抜かなければならないケースが増えてきています。当院では、精密な検査によってあごの大きさや歯の大きさを調べたうえで、美しい歯ならびや調和のとれた横顔を得るために、どうしても歯を抜かなければならないと判断した場合のみ、患者さまの納得いくまで話し合った上で抜かせて頂くこともあります。

ただし、抜いた隙間は矯正治療により閉じてしまいます。最小の犠牲で最大の効果があがるような治療計画をご提案いたします。矯正医は、その人に一番適した機能的な歯並び、治療後の安定した歯並び、口元の美しさなどを考慮して治療方法を決定します。

アゴに奥行きや十分な大きさがある人や歯を抜くと全体のバランスが崩れる人は、歯を抜いて治療してはいけません。ただし、"絶対に歯を抜かない"とうたう治療は疑問視したほうがよいかもしれません。なぜなら歯を適切に並べるためにはどうしても歯を抜かなければならないタイプの人がいるのも事実だからです。ちなみに矯正には特殊な技術が必要なので、一般的には矯正専門医院にかかるのが安心です。
 

差し歯や、ブリッジの歯がありますが矯正治療できますか?

可能です。いずれの場合にも矯正治療には支障ありません。
ただし、歯を動かすとかみ合わせや歯ぐきの形が変わってくることがありますので、矯正治療終了後にもう一度つくりかえる必要があるかもしれません。
 

料金が高いと聞きましたが?

矯正治療は保険外診療のため一般的には高額ですが、治療費は分割でお支払いいただくことも可能です。また、医療費控除の対象にもなります。
 

矯正装置が目立つのがいやなのですが?

当クリニックでは、歯の裏側に装置をつける"見えない矯正"をはじめ、透明なプレートを使用する矯正や目立たないセラミックの装置など様々な矯正装置をご用意しております。また、装置のほとんどは、くちびるで隠れてしまうため、患者さまが思っているよりも他の方からは気にならないようです。
 

妊娠中や出産を控えている場合でも矯正治療はできるのでしょうか?

X線写真撮影などについて注意した上で矯正治療を進めれば、何も問題はありません。

歯医者ぎらいをつくらない小児歯科です

お子さまの不安な気持ちが消えるように院長やスタッフが優しく接し、お子さまの様子を見ながら、少しずつ治療を進めます。

当院の小児歯科は、
●お子さまに合わせて、少しずつ進めます
●怖い、痛いというトラウマをつくりません

小児歯科

歯医者ぎらいの原因を解消します。
「器械が怖い」「痛い思いをした」「ドクターがコワク見える」...など、お子さんが歯医者ぎらいになる理由は様々です。そこで当院では、お子さまとコミュニケーションをとりながら、お子さまがいやがる理由を見つけ、一つずつ解消していきます。お子さまが進んで治療を受けられるような工夫をしていますので、安心してご来院ください。

だんだん歯医者さんが好きなお子さまに変わってもらえるよう、子ども好きなスタッフが適切に対応しますので、ご安心ください。

まず、お子さまと仲よしになることから

小児歯科お子さまが診察中に口をぎゅっと結んでしまうのは、診察室を怖い場所と思っているからです。お子さまが心を開き、歯科医師やスタッフを信頼して、自ら進んで口を開けてくれるようになるまで、急がず、無理をせず、じっくり時間をかけて対応します。

お子さまに怖くないことを理解してもらえるよう、お子さまの目線に合わせて話しかけるなど、治療以前に、十分なコミュニケーションを取るように心がけています。

「できたら、ほめる」ことをくり返します
自分から大きな口を開けてくれたり、最後まで頑張って治療を受けてくれたお子さまには、「よく頑張ったね」と褒めます。小さな成功体験を積み上げながら、苦手意識を克服し、歯を大切にする気持ちを育みます。

ご理解いただきたいこと

小児歯科安全に治療を行うために、
時には手足を抑えることがあります。

治療中に万が一暴れてしまうと、麻酔の針を打つ場所が狂ったり、口腔内を傷つけたりする恐れが生じる場合もあります。そういった場合には、安全に治療を行うために、ご家族のご理解を得た上で、お子さまの手足を抑えることもあります。

お子さまを危険から守るためには重要なことですので、ご理解いただければ幸いです。もちろん治療には最善の注意を払っていますので、安心してお任せください。

お子さまの歯を守る小児歯科メニューを用意しています

【歯磨き指導(ブラッシング) 】歯磨きのコツを身につけましょう歯磨き指導(ブラッシング)
丈夫で健康な歯を作るためのブラッシング指導を行っています。歯ブラシの動かし方や、磨き残しのチェックを楽しく行い、歯磨き好き、歯磨き上手なお子さまを育てます。

●歯ブラシの練習は、歯が生え始めた頃からスタート
●歯磨きに慣れたら、歯医者さんでの歯ブラシ指導を

【フッ素塗布】歯質を強化しますフッ素塗布
フッ素には虫歯を予防する効果があり、市販されている歯磨き剤などにも配合されています。歯の再石灰化を促し、虫歯の進行を抑えてくれるます。ただし、虫歯予防効果は長くは続きませんので、定期的にケアを受けるのがお勧めです。

●フッ素の虫歯予防効果は持続性がない
●3~4か月に一度、定期的なフッ素塗布がおすすめ

【奥歯の溝の処置】シーラントで虫歯を予防します奥歯の溝の処置
お子さまの乳歯は、とても柔らかくて溝が深いために汚れが溜まりがちです。歯ブラシも上手く当たらず、歯磨きしていても虫歯になりやすいので、奥歯の溝の処置を行います。

●コンポジットレジン(シーラント)で溝に蓋をする
●汚れや細菌感染を防ぐ

コンポジットレジンとは?
歯に詰める前はペースト状ですが、固まると歯とほとんど変わらない硬さになります。歯と歯の隙間を埋めて形を修正したり、歯の表面をコーティングするなど、さまざまな用途で使用される安全な素材です。

【審美歯科・ホワイトニング】白く美しい口元を手に入れたい方

歯の色や形、素材感などが気になる方に、お勧めしたいのが審美歯科治療です。

当院の審美歯科・ホワイトニングは、
●自然で美しく白い歯をめざします
●お口の中の健康維持にも役立ちます

審美歯科

笑顔の魅力は、口元の美しさで決まります
「自然な白い歯になりたい」「前歯の隙間が気になる」「ギラッと光る金属の被せ物を、自然なものに取り替えたい」。そんなお悩みはありませんか。

審美治療により歯並びや歯の色がキレイになると、笑顔に自信が持てるようになり、見違えるように魅力的になる方が多いものです。お洒落や身だしなみに対する美意識も高まります。

男性の患者さまもお気軽に
最近では女性だけでなく、口元をキレイにして、ビジネスの場に自信をもって臨みたいという男性も増えています。当院では、多様なご要望にお応えできる多彩な審美歯科メニューを取りそろえ、ご希望に合わせて対応させていたたぎます。

ご安心ください。最長10年間の保証付き
当院では、保険適応外の被せ物や詰め物については、最長10年間の保証期間を設けています。治療後に破損や脱落などがあっても、再治療をいたしますのでご安心ください。

また、補綴物(被せ物や詰め物など)の素材も豊富にを取り揃えていますので、患者さまのご要望に合った、最適な素材をお選びいただけます。なかでもオールセラミックは、美しく長持ちする上に、使用する接着剤の性能も向上していますので、特にお勧めしています。

高精度の技工物だから、虫歯再発が防げます

審美歯科●セラミック素材は自然な白さと強度があります
●将来的に、虫歯再発のリスクを抑えます
●院内技工所で完成度の高い補綴物を仕上げます

セラミック素材は自然な白さと強度があり、また表面に汚れや細菌が付きにくく、虫歯になりにくい特長を持つ優れた素材です。保険適用のものに比べて費用が多少高くなりますが、虫歯再発のリスクを最小限に抑えることができ、長い目で見ると経済性の面からもメリットが大きい素材です。

院内技工所を併設。高い技術で補綴物(人工歯)を作製します
当院は医療法人グループ内に技工所を併設。被せ物の歯の色や形など、細部に渡って歯科医師と技工士とがコミュニケーションを取りながら進めるのでより完成度の高い補綴物を仕上げることができます。

当院の審美歯科メニューをご紹介します

【オールセラミック】限りなく天然歯に近い、透明感と美しさが特長ですオールセラミック
セラミック(陶器)を焼き固めた素材を使った人工歯で、自然な歯に近い色合が再現できます。審美性に優れていますので、主に前歯の治療に適しています。ただし、強い力が加わると破損する恐れがあるため、歯ぎしりが強い方や噛み合わせが不自然な方には注意が必要です。

●審美性が優れている
●使用する接着剤の性能が向上
●金属不使用なのでアレルギーが起こりにくい

【ジルコニア】自然な美しさと強度が特長ですジルコニア
人工ダイアモンド素材をセラミックで覆い、しっかり焼き付けた人工歯です。自然な白さと強度があり、奥歯の治療や歯ぎしりをされる方にも適しています。

●奥歯を白くしたい人や歯ぎしりをされる方に最適
●金属不使用なのでアレルギーが起こりにくい

【メタルボンド】美しさと強度に優れた素材ですジルコニア
金属の上からセラミック(陶器)素材で覆い、しっかり焼き付けた人工歯です。セラミックを使用することで、天然歯に近い色調や質感を再現することができ、また、土台に使用した金属が、より強度を高めます。

●長年の実績があり、多く使われている
●経年変化による変色や磨耗、劣化が少ない丈夫な材料

【金合金】天然の歯に近い硬さとなじみやすさが特長です金合金
銀歯に比べて金の含有量が多い人工歯です。天然歯に近い硬さがあり、噛み合わせる相手の歯にも優しくなじむので、奥歯の治療などに適しています。耐久性がありますが、色を気にされる方も少なくありません。

【銀歯】リーズナブルで日常の使用に最適です銀歯
保険が適用でき、日常的にお使いいただけます。審美性に欠けているため、奥歯など目立たない部位の治療に適しています。なお、金属アレルギーを引き起こしやすい素材ですので、アレルギーがある方は事前にご相談ください。

【ラミネートベニア】歯を削らずに色や形を整えますラミネートベニア
歯の表面を薄く削り、その上から薄いセラミックをネイルチップのように貼り付ける治療法です。歯肉との境目や歯の色、透明感が天然歯に近く、自然な仕上がりになります。歯の色や形、詰め物の変色といったお悩みは、この方法で歯を大きく削らずに解決できます。

ホワイトニングで憧れの白い歯にしませんか

「歯の色が黄色っぽいのが気になる」
「歯の汚れが気になって笑えない」

歯の表面に付いた茶渋やタバコのヤニなどの汚れを、特別なペーストを用いてクリーニングするのがホワイトニングです。もともとの歯の色以上に白くすることはできませんが、ご自身の本来の歯の色は、このホワイトニングで取り戻すことができます。

まずは、歯磨きでは落としきれない歯の汚れを、専用の機械により隅々までキレイにし、歯ぐき付近の歯の表面にこびりついてしまった歯石を、専用の器具を使って取り除いていきますので、虫歯や歯周病の予防にもなります。

【ホームホワイトニング】自宅で気軽に始めたい方にお勧めしますホームホワイトニング
お客さまの歯型に合わせたトレーを作製し、ご自宅でホワイトニング剤(ジェル)を注入して使用していただくタイプのホワイトニングです。薬剤の作用が緩やかで染みにくいので、歯や歯ぐきが敏感な方にもお使いいただけます。

ホームホワイトニングの使用方法
1.歯磨きします
まず歯磨きをして、歯をキレイします。

次へ
2.マウスピースを装着します
寝る前にマウスピースにジェルを付けて、歯に装着します。

次へ
3.朝起きたらマウスピースを外します
外したマウスピースは、乾燥させないように濡れたティシュで包むか、水の入ったコップに入れて保管していただきます。

ホワイトニング治療中の注意
・歯に着色しやすいコーヒー・紅茶・タバコは、出来るだけ控えてください。
・個人差はありますが、ジェルを付けると染みることがあります。
 特に歯に問題が起こるわけではなく、ジェルを使用している間だけですので、ご心配はいりません。
・ホームホワイトニングのジェル濃度は低く、オフィスホワイトニングで使用するペーストの濃度は、高くなっています。
・マウスピースの装着は8時間以内とし、それ以上長時間になにないよう注意してください。
・ジェルは、必ず冷蔵庫の中に保管してください。

【インプラント治療】歯を失ってしまった方へ

重度の虫歯や歯周病、事故などによって歯根から歯を失ってしまった場合、失われた歯の機能を回復することができる治療法です。

当院のインプラント治療は、
●美しさだけでなく、確かな機能性を備えています
●症状やご要望に合わせて、豊富な種類を揃えています

インプラント治療

自分の歯のように、しっかりした噛み心地をめざします
インプラントとは、歯がない部位の歯ぐきに「インプラント(人工歯根)」を移植して土台を作り、その上から人工歯を被せる治療です。

インプラント治療では、ブリッジのように両隣の歯を削る必要がありません。またインプラントがあごの骨としっかり結合するので、自分の歯とほぼ同じ噛み心地を得ることができます。

美しさと機能性、2つを兼ね備えたインプラント治療を提供
最近では、見た目の美しさを重視した「審美的インプラント」が増えているようです。ただし、いくら見た目がキレイでも、しっかりと「噛む機能」に欠けていては、インプラントの意味がありません。当院では、美しさと機能面の両面を重視したインプラント治療を行っていますので、ご安心ください。

「インプラントにものが詰まる」そんな話を聞いたことはありませんか?
隙間のないインプラントを実現していますので、食べ物が詰まって困るという問題も起きません。なぜなら当院では、歯ぐきや歯肉などの歯周組織を考慮した治療を行っているからです。確実な治療により、隙間もなく、不快感やわずらわしさがなく、まるで自分の歯のような噛み心地や感触が蘇ります。

【当院の特徴】選べるインプラント2タイプ

当院では

●患者さまの骨の状態
●治療内容・御予算
●その他ご希望

に応じて、選べる2つのインプラント治療を行っております。丁寧なカウンセリングを行い、あなたのご希望に合わせたインプラント治療をご提案します。ぜひ、お気軽にご相談ください。

世界標準の品質で250,000円!ノーベルバイオケア社(リプレイス)のインプラントを使用!
世界標準の最高品質を誇るノーベルバイオケア社(リプレイス)のインプラントを使用し、低価格のインプラント治療を実現しました!

インプラント体NobelBiocareロゴ<安心の10年保証>

・インプラント体...... 250,000円(税抜)
・上部構造(レジン)...... 50,000円(税抜)
・上部構造(セラミック)...... 100,000円(税抜)
・適合部位...... 前歯部:○ 臼歯部:○

2回法で10万円!業界初!日本人に適した国産インプラントを採用!
日本のインプラント・システムの中では、最も歴史のあるインプラント・システム!2009年現在 国内シェアNO.4の実績と臨床年数25年の実績。

インプラント体KYOCERA/KOBELCOロゴ<安心の5年保証>

当クリニックの10万円インプラントには、日本メディカルマテリアル(株)の国産インプラントを採用しております。

日本メディカルマテリアル(株)は、京セラ(株)と(株)神戸製鋼所の医療材料事業の統合により設立。日本メーカーが日本人向けに開発したインプラント・システム、JMMのインプラント(POIシステム)は、1989年に開発されました。

POIシステムは、生体親和性の高いチタン合金を表面処理し、それまでセラミック製インプラントではできなかった形状やシステムの多様化を実現しました。すでに10年以上にわたり、多くの歯科医師に採用され、年間4万本が使用されています。

※このインプラントは、20万円以上のインプラントに比べ、適応症例が限られる場合があります。

■他院でも行っている国産10万円インプラント、当院との違いはここ!
現在、格安インプラントとして10万円前後のインプラント治療もすでに当たり前の時代になってきました。こうした"10万円インプラント"の実態は、あまり知られていません。

10万円インプラント治療で多くの歯科医院では、"1回法のインプラント"を使用することが主流となりつつあります。なぜ1回法のインプラントの使用が多いのでしょうか?2回法のインプラントよりもパーツが少ないため、コストを抑えることができるからです。しかし、2回法よりも感染リスクが高く、審美性が劣るという面があります。

このため当クリニックでは、2回法のインプラントを採用し、1回法のインプラントと同じ価格帯で行っております。1回法のインプラントに比べリスクが少なく、成功率が高いのです。角度調整などしやすいので、さまざまな対応ができます。

またインプラント治療には、インプラント治療実績のある専門医が担当いたしますので、安心して治療を行えます。

【当院の特徴】安全で正確なインプラント治療を可能にした高水準の医療設備

歯科用CT●歯科用CT
●デジタルレントゲン

当インプラントセンターは、国内でもトップクラスの最新医療設備を完備。安全で正確なインプラント治療を実現するために、骨や顎の状態を正確に診断する歯科用CT、インプラント専用の手術室による、クリーンな手術を行なっております。

歯科用CTとは?
インプラント治療は、顎の骨の中にインプラントを埋入するため、経験や勘だけでは手術が難しく、最近では事前にCT撮影をして正確に診断し、手術に臨むケースが増えています。

当院では、歯科専用のCTを導入し、3次元撮影(水平・垂直・奥行)を行っています。今まで把握できなかった骨質や骨量を正確に診断し、より安全で確実かつダメージの少ないインプラント治療ができます。

【セカンドオピニオン】もお受けします

セカンドオピニオン主治医の診断を受けたとき、内容によっては「治療を受けるかどうか」の判断に迷うこともあるもの。診断に対して少しでも疑問や迷いが生じたときは、不安なく、納得して治療を受けるためにセカンドオピニオンを受けることをお勧めします。

セカンドオピニオンをご存じですか?
セカンドオピニオンとは、主治医以外の専門家から、治療についての意見を聞くことです。違う歯科医師の意見を聞くことで、治療の選択肢を広げることができる場合もあります。また、主治医と同じ意見であれば、その治療を安心して受けることができるでしょう。

「主治医以外に相談するのは気が引ける...」という方もいらっしゃいますが、多くの意見を聞くことは「患者側の権利」でもあり、治療を受けるかどうかの判断は患者さまにしかできないことです。納得して治療を受けていただくためにも、セカンドオピニオンを受けていただきたいと思います。
 

【当院の特徴】麻酔専門医による静脈内鎮静法

1~2本までのインプラント埋入であれば、普通の歯の治療をする時と同様の麻酔だけでも可能ですが、一度に3本以上処置する場合は、麻酔専門医による静脈内鎮静法(点滴)を併用します。

静脈内鎮静法静脈内鎮静法とは
血圧や呼吸を監視しながら、点滴から少しずつ薬を入れていきます。数分で薬が効いてきて眠くなってきますが、全身麻酔のように全く意識がなくなるということではなく、施術中も会話ができる程度で、「うたた寝をしているような感覚」です。

何本ものインプラントを埋入させる場合、処置時間もそれなりに長くなりますが、静脈内鎮静法を用いれば、術中の痛みはもちろん、恐怖感や緊張感などもなくなり、とても楽にインプラント治療を受けていただけます。

また、静脈内鎮静法とよく似た方法が、胃カメラ検査や親知らずを抜歯するときなどにも使われています。とても一般的な方法なので、どうぞご安心ください。

骨が充分でない人のインプラント治療

1.サイナスリフト
上あごの小臼歯から大臼歯にかけての骨が少ない場合、短いインプラントでは十分支えられない時や、インプラント自体を入れられない時に上顎洞粘膜を持ち上げる方法です。上顎洞炎(いわゆる蓄膿症)の既往がある方は注意が必要です。

サイナスリフト上顎の歯槽骨の上部(頬骨の奥)には、上顎洞(サイナス)という大きな空洞があり、これが鼻腔へとつながっております。

サイナスリフトもし、上の奥歯を失ってしまえば、上顎洞が下方に拡大していき、また同時に失った歯の周囲の歯槽骨が吸収されていきます。
そして、歯槽骨の厚みが加速的に減少していくのです。

サイナスリフト上顎の歯槽骨にインプラントを入れるための高さが不足している場合、サイナスリフトによって骨の高さを確保する必要があります。
サイナスリフトは、歯槽骨が5ミリ以下の症例でも十分対応可能な治療法なのです。

サイナスリフト歯槽骨の厚みがある場合、サイナスリフトとインプラント埋入を同時に行いますが(一回法)、著しく歯槽骨が吸収されているケースではまずサイナスリフトを行い、骨が安定するまで4~6ヶ月ほど治癒期間を置きます。
その後、インプラントを埋入していきます。(二回法)

2.骨移植(自家骨、人工骨)
基本的に患者さま自身の骨を使います。取ってくる部位は親知らずの付近や下あごの前方部分が一般的です。また、人工骨は厚生労働省に認可された安心の素材を使用します。

3.スプリットクレスト
あごの骨の高さは十分あるのに幅がないときに骨を押し広げてインプラントをいれます。通常、上あごの前歯にあたる部分に行われます。

4.PRP(多血小板血漿)
PRPは患者さま自身から少量の血液を採血し、遠心分離機にかけて血小板を分別し、濃縮したものです。血小板は様々な組織成長因子をもち、 PDGF(platelet derived growth factors),TGF-β1(transforming growth factors beta-1),TGF-β(transforming growth factors beta-2)の3つの因子を豊富に供給するといわれています。またPRPの繊維素成(fibrin)は、移植骨材の接着性を高め、新生骨の成長を保持する骨格として働くことで、移植骨全体に骨伝導性の作用をもたらせます。

5.頬骨インプラント(ZYGOMA IMPLANT)
上あごの小臼歯から大臼歯にかけて骨がかなり少なく、サイナスリフトや、骨移植では対応できない時に行われます。

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ【1】診査
正確な診断をするために、問診や検査を行います。カウンセリングでは、全身の健康状態や既往歴の問診と口腔内の視診をし、主訴などをお聞ききします。その後、状況に応じてX線診査やCT撮影、歯型を採取します。

次へ
インプラント治療の流れ【2】治療計画の説明
インプラント治療が可能であるかどうか判断し、併せて入れ歯やブリッジなど、他の治療法との比較や治療費用・期間などの概略、治療におけるメリット・デメリットをご説明します。

次へ
インプラント治療の流れ【3】インプラント手術
局部麻酔を施し、あごの骨の中にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋入します。これが、新しい歯の土台となります。なお、麻酔は治療時間などに応じて静脈内鎮痛静法(※)の場合もあります。

次へ
インプラント治療の流れ【4】治療期間 インプラントが骨と結合するまで
埋入後、インプラントと骨が結合するのを待ちます。結合するまでの期間は、通常1~6ヶ月程度。この期間はできるだけ仮義歯を装着しますので、安心して食事などをお取りいただけます。
※インプラントを入れた日に仮歯が入れられる場合もあります。

次へ
インプラント治療の流れ【5】アバットメント連結
インプラントと骨が完全に結合した後に、アバットメントを取り付けます。この状態で歯肉が治癒するまでの期間は、個人差がありますが1~3週間ほどかかります。

次へ
インプラント治療の流れ【6】人工歯の製作
歯肉が治癒した後、歯型を採取して形や色などを決めて人工歯を作ります。完成した人工歯はアバットメントに装着して固定させます。なお、当院では人工歯の加工や修正に敏速に対応するために当医院の技工所で製作します。

次へ
インプラント治療の流れ【7】メインテナンス
治療後、1か月・3か月・6か月・12か月の定期検診を受けていただきます。2年目以降は6か月毎の検診を受けていただきます。

ブリッジ・入れ歯との違い

失われた歯の機能を取り戻す治療方法には、インプラント治療以外に「入れ歯」「ブリッジ」があります。

橋をかけて固定する【ブリッジ】
失われた歯の両隣にある歯を削って土台にし、橋をかけるようにして人工歯を被せる治療方法です。

●固定式なのであまり違和感がない。
●自分の歯と同じような外観を回復することができる。
●はずして掃除する必要がない。

簡単で比較的費用がかからない【入れ歯】
失った歯の機能を回復する、簡単で比較的費用がかからない治療方法です。

●大きな欠損にも対応できる。
●比較的安い。

インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較表

項目/治療法 インプラント
インプラント
ブリッジ
ブリッジ
入れ歯
入れ歯
審美性 優れている 良い 良くない
噛む力 優れている 良い 弱い
口内衛生 優(要お手入れ) 不衛生になりやすい 不衛生になりやすい
耐久性 優(要お手入れ) 両隣の歯に負担 合わなくなることが多い
健康な歯を削る なし 両隣の歯を削る なし
違和感 なし 少ない 有り
手術 有り(抜歯程度) なし なし
顎骨がやせる なし やせることがある やせることがある
診療形態 自由診療 保険診療
審美性・機能性重視は
自由診療
保険診療
審美性・機能性重視は
自由診療
治療期間 2か月~6か月(長い) 2週間~2か月 2~3週間

治す歯科から、守る歯科へ

虫歯や歯周病を予防するために、定期的に予防歯科を受ける方が増えています。

当院の予防歯科は、
●虫歯や歯周病を予防します
●もし虫歯や歯周病になっても早期発見早期治療ができます

予防歯科

痛くなってから行く歯科ではなく、痛くなくても行く歯科へ
最近はお口の中の健康への意識が高まり、「正しいケアで、歯を大切にしたい」 「治療が終わったから、今の状態を長く保ちたい!」と考える人が増えてきました。

当院では、そうした皆さまの声にお応えするために、充実した予防歯科のメニューをご用意しています。

予防していれば、虫歯や歯周病は未然に防げます
虫歯や歯周病を予防することを目的とした予防歯科では、定期的なクリーニングや診察を受けることで、お口の中の環境を健康な状態に保ち、虫歯や歯周病といったトラブルを未然に防ぐことができます。

また、もし虫歯や歯周病が見つかっても軽いうちに治療することができ、治療中の痛みや負担も軽減することができます。

予防歯科メニュー

当院では、大切な歯を守るために、次のようなメニューをご用意しています。

【スケーリング】セルフケアでは落とし切れない汚れを除去スケーリング
歯の表面に付着した汚れや歯石は、毎日歯磨きをしていても落とし切れるものではありません。無理して自分で取り除こうとしてゴシゴシ磨くと、かえって歯や歯肉を痛めてしまう危険性もあります。こうした汚れをきれいに除去してくれるのがスケーリングです。

スケーリングとは、歯面や歯周ポケットに付着した歯垢や歯石などを、超音波や専用の器具を使用して除去します。保険が適応できるので、気軽に受けていただける治療でもあります。

ただし、スケーリングでは、時間が経つと再び汚れが付着してしまうので、定期的にケアを受けることが必要になります。

【PMTC】は、プロによる本格的な歯のクリーニングですPMTC
奥歯の裏側や細かい隙間、一本一本の歯それぞれにある、細かくて形状の異なる溝など、口内には磨きにくい箇所がたくさんあります。こうした部分には細菌がたまりやすく、集まった細菌は、歯の表面に「バイオフィルム」と呼ばれる膜を張って固着してしまいます。

そこで、お勧めしたいのがPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)。歯科医師や歯科衛生士などの専門家が行う、本格的な歯のクリーニングです。専用の器具やペーストを用いて、歯の表面に付着したバイオフィルムや食べカスを丁寧に取り除いていきます。

歯周病の予防にもなります
施術後は歯ぐきが引き締まるので、歯周病の予防としても効果があります。もちろん痛みはなく、施術中に眠ってしまう方もいるほど快適です。すっきりとした爽快感が得られ、口臭予防などの効果もありますので、エステ感覚で定期的に受けられる患者さまも多数いらっしゃいます。

PMTCのメリット
歯ぐきが引き締まり、歯周病予防になります
施術中の痛みはなく、施術後は気持ちよい爽快感があります

なるべく削りません。できる限り神経は残します

当院では「できる限り削らない、抜かない」ことを基本方針に、患者さまの痛みを軽減する虫歯治療を行っていますのでご安心ください。

当院の虫歯治療は、
●健康な部分はできるだけ残します
●なるべく抜歯はしません
●治療を始める前に検査を行います
●歯肉の状態を改善してから、歯形を取ります

無痛治療

なるべく削りません。できる限り神経は残します
「歯を削りたくない」 「神経はできるだ残してほしい」。歯科治療の際、「健康な部分はできるだけ残したい」と思いながらも、なかなか言い出せない、そんなことはありませんか。

当院では、患者さまのご要望を聞き、お口の中の状態を慎重に診察した上で、歯や神経の健康な部分はできるだけ残す治療を行っています。

拡大鏡●できるだけ削らずに治療できる理由があります
拡大鏡を使うことにより、虫歯菌に感染した部分だけを確実に取り除くことができますので、削る量は最小限に抑えられます。当院では全てのドクターが拡大鏡を使った診療を行なっています。

痛みは、虫歯や歯のトラブルを知らせてくれる重要なサインです。虫歯が進行したときなどに痛みで悪化を感じられるように、なるべく神経を残すようにしています。

抜歯は、必ず患者さまに納得していただいてから
虫歯の状態によっては抜歯が避けられない場合もあります。その場合は、温存できない理由をきちんと説明し、患者さまに納得いただいた上で抜歯を行います。

歯を抜いたときと抜かなかったときのメリット・デメリットもお話しますので、納得できるまでご検討ください。ご同意いたただけるまで、数日でも数ヶ月でもお待ちします。

●私たちもできるだけ抜きたくないのです
何よりも大切な歯を可能な限り残したいというのが基本方針ですので、治療についてのご要望があれば、お気軽にご相談ください。

虫歯治療の前にも、カウンセリングを行います

一般歯科「治療にはどれぐらい時間がかかるの」「痛くはないのかしら」...といった疑問や不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。そこで当院では、適切な治療を行うために、すべての患者さまに事前のカウンセリングを実施しています。

カウンセリングでは、患者さまのご要望をお伺いしながら、治療について丁寧に説明しますので、心配な点や不明な点がありましたら、遠慮なく、ご質問・ご相談ください。

再発を防ぐために、歯肉の状態を改善してから、歯型を取ります

一般歯科虫歯治療では多くの場合、詰め物や被せ物の型を取りますが、歯肉に腫れや出血がある状態では、正確な歯型を取ることができません。その状態のまま被せ物を被せたとしても、腫れが引いた際に隙間ができてしまい、細菌が溜まって虫歯が再発したり、歯周病の原因になる恐れがあります。

精度の高い治療ができます
そこで当院では、虫歯治療を始める前に歯周病検査を行い、必要に応じて歯石や汚れなどを除去し、歯肉の状態が安定させます。歯肉の状態を改善させてから、歯型を取り、 被せ物や詰め物などの処置を行いますので精度の高い治療ができ、虫歯の再発防止や歯周病を予防します。

症状に合わせて柔軟に処置も行います
もちろん、痛みがひどいときなどには、症状に合わせて必要な応急処置を行いますのでご安心ください。

【カウンセリング】どんなことでもご質問ください

すべての治療は「カウンセリング」から始まります。あなたはどこが気になりますか。何がご不安ですか。何でも遠慮なく、ご相談ください。

当院のカウンセリングは、
●痛みやトラブルの本当の原因を探ります
●最適な治療方法をご提案します

カウンセリング

その痛み、本当に虫歯でしょうか
痛みの原因は、虫歯とは限りません。また痛みだけでなく、どのような症状においても、原因やそれに対する治療方法はいくつか考えられることがあります。

ですから、当院では、すべての患者さまに対して事前のカウンセリングを実施します。

ご一緒に、患部を確認してください
虫歯の大きさや歯の状態は、患者さま自身にはわかりにくいもの。そこで、撮影したレントゲンやお口の中をお見せしながら詳しい説明を行い、患者さまにも患部を確認して、状況を理解していただきます。

患部の状態をしっかり確認した後には、経験と知識から、考えられる限りの治療方法を選び出し、患者さまのご要望もお伺いした上で最適な治療方法を選択し、丁寧にご説明します。

悩まれていること、痛いこと、困ること、すべてお話ください

個室の治療室「虫歯を治療してほしい」と患者さまがお話されたとしても、「じゃあ、削りましょう」「抜きましょう」とすぐに処置するということにはなりません。

カウンセリングでお話をよくお聞きしてから丁寧に診察し、レントゲン撮影を行ない、痛みや不快な症状の原因を見極め、最適な治療方法を提案できるように努めています。

プライバシーも守ります。ご安心ください
治療室はすべて専用個室ですので、カウンセリング内容を他の人に聞かれたり、治療中のお顔を見られる心配もありません。

お悩みはもちろん、費用や治療期間などのご質問やご心配も、安心してお話していただけます。どんなことでもご遠慮なく、ご相談ください。


2012年7月 « トップへ » 2013年10月


コールバック予約

PAGE TOP