トップへ » 当院が選ばれる理由 » カウンセリング » 保険治療と自費治療の違いとは?

「保険治療」と「自由治療」の違いを知っていますか?

保険治療と自由治療

歯科治療は、保険治療と保険外の自由治療に分けられます。保険治療と自由治療では、治療費に約3倍から10倍以上の違いがあります。保険治療は安価で治療を受けることができ、軽度の虫歯治療など保険治療で十分なものもあります。

保険治療のデメリット
しかし保険治療では治療法が限られ、限られた時間・費用の中での治療となってしまうことが多いのです。またあらかじめ決められた材料しか使うことができないので、長持ちさせることが難しく、また、審美的な面などで課題が残ることがあります。

自由治療のメリット
材料や治療法にも制約がなく、歯科医師が最大限の技術を発揮し、十分な時間をかけて治療を行うことができるので、治療の質は保険の場合よりも良くなる可能性が高まります。

型取りから違うのが自由診療です
例えば。精度の高い被せ物や詰め物などの治療を行うためには、正確な歯型を取る必要があります。とても重要なプロセスの型取りですが、使用する素材は保険治療と自由治療では大きく異なります。

その他にも、

●治療の手順
●使用できる素材・材料
●使用できる機材

など、保険治療に比べて制約がないため、結果として、保険治療に比べて、自由診療の方がずっと長持ちすると言えるのです。また、見た目が美しく、天然の歯に近い状態に治療することが可能です。

自由治療のデメリット
自由治療は、保険と比べると非常に高価で、歯科医師や歯科医院によって、技術も治療内容も大きく異なります。患者さま自身が治療を選択できる知識や情報を得ていることが必要です。

以下のような治療の場合、自由治療となります
インプラント
審美歯科・ホワイトニング
矯正治療
専門医による根管治療(歯内療法)


トップへ » 当院が選ばれる理由 » カウンセリング » 保険治療と自費治療の違いとは?


コールバック予約

PAGE TOP